心の痛み・身体(からだ)の痛み

膝の痛み、肩のコリ・痛み、腰の痛み、首の痛みからの解放|効果的改善法

変形性膝関節症の治療|薬物療法

読了までの目安時間:約 3分

保存的治療のなかの薬物療法(薬による治療)についてです。

 

「薬物療法」では、痛みを和らげる薬を飲む湿布を貼るヒアルロン酸の関節内注射をするといったことが、症状によって選択されます。

 

薬による治療でよく使われるのは非ステロイド消炎鎮痛薬です。
この薬には痛みを鎮め、炎症を抑える作用があります。

 

「消炎鎮痛薬」は、一般に「痛み止め」と呼ばれる薬です。
飲み薬、塗り薬、湿布、座薬などがあります。

 

「ヒアルロン酸」は関節内注射で主に使われる薬剤です。

 

<薬物療法~薬の種類と特徴>

薬の種類 特徴
 非ステロイド消炎鎮痛薬
飲み薬
  • 最も多く使われています
  • 長期に服用して胃炎や胃潰瘍が発生することがあります
塗り薬
  • 胃腸への障害がありません
  • 塗った部分に皮膚炎などがあらわれることがあります
湿布
  • 胃腸への障害がありません
  • 塗った部分に皮膚炎などがあらわれることがあります
座薬
  • 肛門から差し入れて使います
  • 痛みが特に強いときに処方されます
  • 即効性があります
 高分子ヒアルロン酸
関節内注射
  • 軽症から中等症に向いています
  • 軟骨の磨耗と関節の炎症が抑えられ、徐々に痛みが緩和します
  • 変形性膝関節症の原因となる軟骨の磨耗を抑える唯一の薬剤です
 ステロイド剤
関節内注射
  • 特にひざの痛みが強いときに使用されます
  • 局所麻酔薬に混ぜて痛む部位や関節内に注射します
  • 即効性があります

 

スポンサーサイト

 

タグ :

ひざの痛み 変形性膝関節症

この記事に関連する記事一覧