心の痛み・身体(からだ)の痛み

膝の痛み、肩のコリ・痛み、腰の痛み、首の痛みからの解放|効果的改善法

変形性膝関節症の進行度と治療法の目安

読了までの目安時間:約 2分

痛みWP-12

 

痛みの悪循環を止めましょう!

変形性膝関節症に対する治療法は、進行度によって「保存療法」「外科的治療の手術」のふたつに大きく分けられます。
保存療法とは、症状改善のための手術以外の様々な治療法をいいます。

 

まず行われるのは、生活指導です。

 

後は、進行度に合わせて、

ひざへの負担を軽減する理学療法(運動療法・物理療法・装具療法)や

ひざの痛みを軽くし、症状の改善をはかる

薬物療法(薬、シップなどの消炎鎮痛剤・ヒアルロン酸の関節内注射など)の方法になります。
はじめは、この保存療法により病気の進行を遅らせたり、痛みや腫れなどの症状を軽減することを目指します。

 

このような保存的治療法で、効果が得られないときには、外科的治療である手術が行われます。

 

外科的治療である手術にも、進行度や状態により違いがあります。

手術に当たっては、その効果、危険性、手術費用、入院期間、手術後のリハビリの内容等について、専門医とよく相談の上決めることが大切です。

 

大事なことは、初期段階からの進行をできうる限り遅らせるよう努めることです。

 

スポンサーサイト

 

 

タグ :

ひざの痛み 変形性膝関節症

この記事に関連する記事一覧