心の痛み・身体(からだ)の痛み

膝の痛み、肩のコリ・痛み、腰の痛み、首の痛みからの解放|効果的改善法

膝の痛みを解消する 三起均整による膝痛解消プログラム

kira-hizatsuh0

 

東洋医学理論からのアプローチによる膝の痛みの根本的解消法とは───、

 

膝の痛みの原因は、膝だけではない。

 

一時的に膝の痛みを抑える(対処療法)のではなく、根本的原因を取り除くことで、痛みは解消し、また再発防止にも繋がる。

 

⇒ 膝の痛み解消 三起均整による膝痛解消プログラム

 

痛みの悪循環を断ち切り、不自由なく健やかな日常を取り戻す

歩いている人間にとって第二の心臓とまで称される「ひざ」です。

歩けなくなると、途端に老化も進んでしまいます。

高齢化社会の現代にあって、5人に1人は運動器(骨、関節、筋肉など)の病気が原因で、要支援や要介護になるといわれています。

 

痛みの悪循環を断ち切り、できるだけ不自由なく健やかな日常を取り戻したいものです。

 

あなたの今の膝の状態、痛みの具合はどういったものでしょうか?

 

加齢によるもの
変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎

軟骨の変性(すり減り)が進むのを抑えることが重要です。
多少軟骨が磨り減ったり、トゲがあったりしても、痛みのない人は大勢います。

どうしたら、この状態に持っていけるでしょうか?

 

スポーツ、特殊な仕事や事故などで膝を痛めた

 

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

膝蓋靭帯部分(ひざのお皿のすぐ下に位置する腱)が負担の蓄積(ジャンプする動作の繰り返し)などによって損傷し、炎症を起こしたものです。

 

ランナー膝
ランニングなどにより膝の屈伸運動を繰り返すことで、腸脛靭帯が膝の外側の骨(大腿骨外顆)との摩擦を受けて炎症を起こし、痛みが発生する症状です。

 

手術を必要とすることはほとんどありませんが、腸脛靭帯の一部を切り取る手術をすることもあります。外側半月板損傷との鑑別が必要とされます。

 

オスグットシュラッター病
10代の子供に出やすい病気です。成長痛とも。脛骨粗面の痛み、変形隆起による痛みがあります。

 

半月板損傷
ねじれ運動により半月板に亀裂が起きたものを言います。
半月板は損傷があるからといって,そのすべてが手術の対象となるわけではありませんが、断裂してしまった半月板を薬物やリハビリテーションで治療することはできません。

半月板の血行が良い部位では、自然に治癒する場合もあるということです。

 

靭帯損傷
内側側副靭帯断裂、外側側副靭帯断裂、前十字靭帯断裂、後十字靭帯断裂がありいずれも激しい運動により靭帯が断裂しいたみがでるものです。

 

棚障害(滑膜ヒダ症候群)
膝蓋大腿関節の内側に痛みが出るもの。膝関節屈伸時に索状物が挟まり痛みが出る。主に内側。

 

O脚、X脚などもともとの脚の形により膝が痛む
変形性膝関節症でもそうですが、O脚の場合は膝関節の内側に、X脚は膝関節の外側に圧力がかかりやすくなるため、関節軟骨がすり減りやすくなります。

 

膝に水が溜まって痛い
膝に水が溜まる原因は、滑膜の炎症によるものです。実は、この滑膜の炎症が治まらないと整形外科で抜いてもまた溜まります。

 

程度が軽ければ体操・ストレッチを行い自力で抜くことも──。

 

リウマチ、橋本病などで膝が痛む
人体の免疫システムの異常により関節に炎症が生じたのが痛みの原因です。
自己免疫疾患または自律免疫疾患と呼ばれます。

 

免疫システムの異常が起こる原因については未だにはっきりと分かっていません。

免疫システムの本来の働きは、一種の自然治癒力と考えていいと思います。

 

この自然治癒力を高めるには?

※東洋医学では骨の病気は腎に配当されており、今で言う腎臓の強化を行うこともその1つにあげられます。

 

ストレスによる膝痛
ストレスが原因の体調不良が多くあるように、心が原因で身体を悪くすることもあります。その意味で、関節痛とストレスも無関係ではありません。

 

極度の緊張や継続されたストレスは筋肉をこわばらせ、身体の歪みをもたらします。

 

 

膝の痛みの出る原因はいったい何なのでしょう?

 

上記のように、スポーツのやりすぎ、加齢による膝への負担、内臓の病気などありますが、では、何故スポーツのしすぎで、何故加齢によって、何故内臓の病気になるのでしょうか?

 

答えから先にいいますと、それは膝周辺の筋肉の緊張、こわばり、膝に関連する部分の歪みにあります。

 

スポーツのしすぎというのは、同じ動作をすることによってよく使う筋肉が緊張してきます。
加齢によるのも、毎日同じ動作をしてきたためによく使う筋肉が緊張を起こします。

 

これを体全体から見ますとよく使う筋肉が緊張することにより必ずゆがみが生じています。
体がゆがむと次第に内臓がストレスを感じさらには内臓病へと移行してまいります。

スポーツのやりすぎで体がゆがむ、加齢により体がゆがむ、体がゆがむことにより内臓の病気になる。この図式が現れてくるのではないでしょうか。

 

どうやったらあなたの「膝の痛み」は根本的に解消されれるのか?

外科手術が必要な(または感染のおそれのある)疾患を除いたからだのことに対して、東洋医学理論を用いた手技療法になります。

 

 

三起均整術とは、病気の原因を栄養、ストレス、体の使い方・歪みに集約し、この3つの観点からその原因を取り除くことでの改善を目指すものです。

 

 

(参考:均整術とは→日本姿勢保険均整師会

 

 

(三起)均整術(整体)により、原因を取り除き、痛みを解消する

 

注射や薬の服用といったことで、一時的に膝の痛みを抑えるのではなく、その原因を取り除くことで痛みは解消し、また再発防止にもつながります。

 

巷で、膝の軟骨に良いとされるヒアルロン酸、コンドロイチンといった栄養素が本当に膝まで届くのか疑問視されるところです。

 

膝痛の原因を取り除かずして栄養補充しところで不十分ということになります。

 

あなたの膝痛が外科手術を今すぐ必要とする疾患ではないなかで、なかな治らないという状況があるのでしたら、膝の痛みの原因は膝だけでないということに注目する必要があります。

 

 

⇒ 膝の痛み解消 三起均整による膝痛解消プログラム

 

kirahizatsuf