心の痛み・身体(からだ)の痛み

膝の痛み、肩のコリ・痛み、腰の痛み、首の痛みからの解放|効果的改善法

ひざの痛みとタナ障害(滑膜ヒダ障害)

読了までの目安時間:約 5分


    タナ障害4
    ひざを曲げ伸ばしするときに、

    • ひざのお皿の内側がひっかかる感じがする。
    • ”コキッ、コキッ”といった音がする。
    • ひざに何か挟まるような違和感がある。
    • ひざの皿の周りが常に重苦しい。
    • 普通にしているとき、ひざの内側を押すと痛い。
    • スポーツの時、痛みが強くなる。

 

ちょっとした違和感から強い痛みまで症状は様々ですが、上記のような特徴が見られる場合は、タナ障害(滑膜ヒダ障害)が発症している可能性があります。

スポンサーサイト

タナ3
タナ障害とは

ひざ関節の内部には、関節腔(かんせつこう)という空間があり、3つの膜でできた関節包でおおわれています。
3つの中で、一番内側の膜は、滑膜と言われ、この滑膜の一部がヒダ状になっています。(→滑膜ヒダ

この滑膜ヒダを関節鏡で見ると、ちょうど棚(タナ)のようにみえるので、この名があります。

[滑膜ヒダの役割]

関節腔には水(正式には滑液とか関節液と呼ばれます)があります。
この水は、ひざの動きを円滑にするためにあるわけですが、滑膜ヒダはその水(滑液)を関節の表面に塗る働きをしています。

 

[原因]

このタナ状の滑膜ヒダが、スポーツなどでの酷使や、打撲捻挫などの外傷によって、厚くなったり、裂けたりして、ひざを曲げ伸ばしする際に、膝蓋骨(お皿)の下に挟まれて、炎症を起こし、腫れや痛みがでる障害です。

    • ひざの屈伸と打撲を伴うスポーツに多く見られます。
    • 体質的に滑膜ヒダが厚い、あるいは大きい人が、ひざを酷使したり、ひざを強く打ったりすると症状が出やすくなります。
    • 太ももの筋肉が疲労することで、筋肉が緊張し、滑膜ヒダの摩擦が強まることで症状が現れやすくなります。


スポンサーサイト

<タナ障害が発症しやすいスポーツ>

 

バスケットボール、バレーボール、野球、ハンドボール、陸上競技など

 

元プロ野球選手の松井秀喜の、輝かしい実績の裏には、絶えずケガとの闘いがありました。

 

1998年の巨人軍入団6年目のキャンプ中に左ひざを痛めたのが始まりでした。

 

このときの病名が「タナ障害」及び「軟骨破損」と言うことでした。

 

当時は、ひざ周囲の筋肉を鍛えることで手術を回避し、長期の離脱を免れたものの、このときの負傷が「古傷」となってその後も悩まされ続けます。

 

そのため、2007年にメジャーのヤンキースに移籍した後、同年と翌年2008年に、2度にわたりひざの手術を受けています。

 

 

[治療]

自覚症状があれば、まずは整形外科で、正しい診断を受けましょう。

症状の進行によって治療法が多少変わります。

 

<保存的治療>が中心になります。

 

軽症の場合は、スポーツ活動などを中止して、安静を保ち、アイシングや消炎鎮痛剤(シップ)などで炎症が引くのを待ちます。

 

また、痛みの出ない範囲での太もも(大腿四頭筋)のストレッチを行います。

 

<外科的治療:手術>

 

繰り返し痛みが生じたり、数か月にわたって痛みが引かない場合などは、整形外科を受診しましょう。
痛みがひどく、スポーツはもちろん、普段の歩行にも支障をきたすようになったら、痛み止めの注射をしたり、関節鏡下での手術になることもあります。
 
⇒痛みなく健やかな日常を取り戻すために。東洋医学から
 

スポンサーサイト

 

タグ :

ひざの痛み タナ障害(滑膜ヒダ障害)