心の痛み・身体(からだ)の痛み

膝の痛み、肩のコリ・痛み、腰の痛み、首の痛みからの解放|効果的改善法

変形性膝関節症は治るの?

読了までの目安時間:約 4分

変形性膝関節症のステージと治療法

変形性膝関節症では、レントゲン写真を用いて、初期から末期までを5段階に分けて治療方法が選択されます。

 

変形性膝関節症の段階別症状(北大分類)と治療法

変形性膝関節症の進行-2

 

各ステージによって、原則的には治療法が異なります。

 

【初期】

ステージ1:骨が硬くなるまたは骨棘(骨のトゲ)ができる 
         関節のすき間は正常

      症状の緩和と進行を食い止めるために
      薬物療法
       痛み止めの内服(炎症を抑える)
       ヒアルロン酸の関節内注射(炎症を抑え、クッション効果をもたらす)
      リハビリ
       ひざの周りを鍛える
       O脚予防の訓練

 

【進行期】

ステージ2:骨棘(骨のトゲ)あり
           関節すき間が狭くなる(1/2以上残っている)
           治療法としては、ステージ1にほぼ同等です。

 

ステージ3:骨棘(骨のトゲ)あり
            関節すき間が狭くなる(1/2以下になる)
    
     内側の関節軟骨が半分以上ダメージを受けているが、

               外側の関節軟骨は正常な場合が多い。
     
     治療法としては、若い方や力仕事をする方などには、

             「高位脛骨骨切り術」を適応。

     ※変形性膝関節症のひとは、通常ひざの内側の軟骨を中心に痛めます。

               (→O脚になる)
     「高位脛骨骨切り術」はO脚をX脚にする手術です。
       O脚は、内側の悪いところに体重がかかっていますので、手術により体重が、

       正常に生き残っている外側に移動します。

 

     ※高齢で太っていない方や、余り活動性の高くない女性の場合は、

       内側だけ人工関節に取りかえる「人工膝関節片側置換術」という

             方法を適用することもあります。

 

【末期】手術による治療が選択されます。
    
ステージ4:骨棘(骨のトゲ)あり
         関節すき間の閉鎖(消失して骨が接触)

 

ステージ5:骨棘(骨のトゲ)あり
         荷重面の摩擦または亜脱臼(関節面が一部ずれた状態)

 

     すり減った関節軟骨を切除して完全に人工の軟骨に置き換える

    「人工ひざ関節全置換術」が選択されます。
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

 

タグ :

ひざの痛み 変形性膝関節症

この記事に関連する記事一覧